愛すべき青色

嵐沼にどっぷり。青色さんにぞっこん。

テレビ誌祭りがはじまるよ

やって来ました!この季節。年末の嵐雑誌祭り。私はとりあえず全部派ではなく、自分がいいと思ったグラビアとインタビューを選んで2.3冊以内に収める派です。書店の本棚に嵐がずらずらっと並んでいる嵐さんを眺める幸せ。たくさんのテレビ誌が並ぶ中から自分の選りすぐりを選ぶ幸せ。嵐さんが並んでいて、嵐さんが人気があることが嬉しいと言うよりは、選択肢がたくさんあるということが嬉しいのです。

 

その私的、テレビ誌激戦を今年見事に勝ち抜いたのは「TV fan」でした。「TV fan」総合力高い!絶対にこんな嵐が見たいとか、このコンビがすこぶる好きとか、そういうのがない方おすすめです。私は基本的に天然・伏兵さんが好きなんですがグラビアと言うよりはバライティやラジオの絡みが好きなので、グラビアはファイブショット多めを求めてます。なので「TV fan」私にあってました。

 

何がいいってまずはバランスです。ただただ嵐さんをわちゃわちゃさせるでもなく、だけど全部かっちりキメてしまうのでもなく、クール5キュート5くらいの割合で、程よく見たい嵐さんが見れる内容だと思います。また、全てが番宣ではなく嵐さんの言葉が読めるけど重すぎず堅すぎないインタビューも私には丁度よかったです。

詳しく書くと、"ARASHI SPECIAL BOOK in BOOK"と表紙があった後、見開きで5ショット。かっこよくたたずんでおられます。そして、それぞれ1人1ページずつモノクロのアップのグラビア。個人のインタビューも掲載されています。5人それぞれが個人でも嵐でも大活躍だった1年だったので、インタビューもすごく読んでいて面白い内容でした。アリーナツアーや個人のお芝居の仕事、そしてドームツアー。それぞれの2016年が見えてきました。その次のページからは5人が腰に手を回して並んだりといい具合のわちゃわちゃ笑顔多めのショットと5人の対談が5ページ掲載されています。楽しそうな対談にとにかく癒されました。

わちゃわちゃとかっこよさのバランス、活字の堅さとゆるさのバランス、個人と5人とのバランス、どれも私がが求める丁度いいバランスだったとおもいます。

 

そして、もう1点大野担として述べさせてもらうと、大野さんの腕。大野さんの腕は需要ありまくりですよ。大野さんは腕と写る方が魅力的が増すと私は思っています。ほかのメンバー全員が長袖を来ている中、大野さんに腕まくりをさせたスタイリストさんありがとう。お年玉あげたいです。個人のアップがあるのでほかのメンバー担でも自担不足になることはなし、むしろキレイなグラビアありがとうと思うと思います。

 

これらが私的テレビ誌激戦で「TV fan」が勝利した理由です。迷ったら「TV fan」がいいかな〜と思いました。参考までにどうぞ〜

 

さあ!年末だ雑誌の次はHDDの整理をしよう。