愛すべき青色

嵐沼にどっぷり。青色さんにぞっこん。

生々流転のアイドルを愛でる

 さとラジが終わる。

 

 

明日が終わって月曜が来ても、お決まりの「おはようございます、嵐の大野智です!」が聞ける気がして、私にとってさとラジはそれくらい暮らしに馴染んでいたのだと今になって気づかされます。そうして気づかないくらいに、すっとリスナーの心に入ってくる自然体なトークで、自分自身のことやプライベートを晒してくれるのが、きっと今の大野智くんなのです。

 

 ありのままの自分を語ることって何より難しいことだと思うから。やっぱり、少しでもよく見せようと思ってしまうのが人間だし、そういう思いがあるからこそ自己を語ることをためらって、どんどん見せたい自分と本当の自分の距離は離れていくものだと思います。無意識の見栄っ張りもためらいも、もしかすると、私がまだまだ青くて過剰な意識の中にいるからなのかもしれないんですけどね。

 大野さんも初期のころは、ラジオで自分のことを話すのが得意ではなかったと言っていたし、栗原さんは大野さんの語りに変化があったのは30歳を過ぎてからだと話していました。(これを聞いてはやく30歳くらいになって落ち着きたいと思った私はある意味ちょっと老けているのかもしれない)

 大野さんが葛藤の中でアイドルをしていたことはハワイでの彼自身の語りから、わかっていたつもりです。だけど、栗原さんの言葉で大野さんにも見られたい自分と本当の自分とのはざまで揺れていた時期があるのだとわかった気がしました。それを払拭したのは、彼のアイドルとしての数々の経験や、彼を取り巻く環境の変化、アイドルでいることへの覚悟、そしてそれらから生まれるアイドルとしての自信なのではないのかと私なりに考えました。そして、私はそのように自分をどんどん自分らしく磨いてきたであろう大野さんのことがとても大好きで、とてもうらやましく思います。

 

 私の大野さん大好きが溢れ出して長くなるフラグなので、話を戻します…さとラジが終わるのは、全然実感は湧いてないし、駆け回りたいくらいに寂しいしどうすることも出来ない無力感でいっぱいです。だけど、ファン以上でも以下でもないこのもどかしい距離で応援するアイドルが私は大好きで、知りつくせる範囲をとことん追いかけて情報収集して、そこから垣間見える人間らしい部分に胸を熱くする瞬間こそがアイドルを追いかける醍醐味なのだと私は胸を張れます。そして、人間らしさと、時の流れとともに変化しその変化を隠そうとしないある意味での潔さを持ち合わせた大野くんが好きなんです。
 だからこそ、さとラジは貴重だし嬉しい場なんですよね。やっぱり寂しいしでも嘆いてもどうしようもないし…堂々巡りみたいになりそうなのでこの辺にしときます(笑)

 

 

大野くん、さとラジ今までお疲れ様でした。そして今まで私たちに沢山の大野智らしさを届けてくれて本当にありがとうございました。私は、私と大野くんとは永遠にファンとアイドルの関係だけど永遠を持ち合わせていない大野くんのことがが大好きです。これからもきっとずっと、応援しています。