愛すべき青色

嵐沼にどっぷり。青色さんにぞっこん。

なんだかスタンスについて書いてみたくなったんだ

 暑中お見舞い申し上げます、はてなブログ様。

 大学生になって、実は私、4月よりひとり暮らしをはじめました。最初はやることだらけで、嵐追いかける時間すらないなら大学なんてただの人混み!!!!誰だよ大学を人生の夏休みって例えたやつ!!みたいなマイナス思考に陥りましたが、生活に慣れたのか、色んなことを割り切るようになったのか(は置いとくとして)、今までよりもなんだかより深く嵐について考える時間が増えてきた今日このごろです。

 

  と、長めの前置きはいつものことながら、久々のブログ、私の嵐ヲタスタンス!について書こうと思います。

実はジャニヲタのみなさんが書いてらっしゃるの見て私もずっとかいてみたかったんです...!

 

 

嵐が伝えてくれることを全力で感じる

 

 これが私の新しいスタンスです。(これをスタンスと呼ぶのかは自分でも判断が難しい所)今までは嵐の情報くれ!!情報量命!!って感じだったんですけど、最近はじっくりゆっくりマイペースに嵐や自担について考えてます(笑)自分的にこれはあゆはぴを見てから、意識するようになったなって思ってます。例えば、あゆはぴをあえて疑問形にしたのはどうしてだろうって考えながら見るとか、「嵐が思う今の嵐」の体現ってどういうことなんだろうとか、とにかく、"なぜ" "どうして"を持って嵐を見るのと見ないのでは大違いだと気付きました。そして、その"なぜ" "どうして"に自分なりの答えを見つける楽しみを持つことです。それを私流に訳すと、嵐の伝えてくれることを全力で感じるってことです。

 それが出来るのは、嵐が何をするにも一つひとつ丁寧に作り上げてくれているからこその安心感があるからだなってことにも気付かされました。その安心感はやっぱり嵐の経験値から生まれるものだと思うんです。おこがましいことに、今まで、嵐と私は同じステージで生きてると思ってたんです。まさにアイドルと遠距離恋愛してました。でも実際は、嵐は私なんかの想像力では及ばないくらいの経験をしてるから、安心感を与えてくれて、考える機会も与えてくれて、そこから未熟な私なりに導き出す答えがあって、今はなんだか遠距離恩師に出会えた気分です。

だから"これからも一緒に"って言葉は5人だけの共通認識でも私は全然よくて、一緒ににファンを混ぜてくれるのならもちろんすごく嬉しいけど、"これからもついて行かせてください!!"ってスタンスで今の私には充分です。

 

 最後にちょっとデリケートな所に触れると、今まではアイドルの嵐をアイドル嵐として見てたから嵐には恋愛なんてぜっっったいして欲しく無かった。常に私たちに対して完璧でいて欲しいと思ってた。だけど今は、嵐は私の先を歩く人達だから(同じ道を行くとは言わない)、色んな素敵な生き方を考える機会を与えてくれる人達だから、恋愛は節度を持ってね。ぐらいな感じです。節度とぜっっったいの違いの判断裁量は読んで下さる皆さんの想像におまかせしますけど、とにかく私は嵐が好きなのです。

 

 

私の新しいスタンス伝わってたら嬉しいです。

最後まで読んで下さってありがとうございました!