愛すべき青色

君と君に首ったけを綴る。

彼らの帰る場所

TOKIOから山口くんが脱退することが正式に発表された。ジャニーズwebに掲載された報告文からは、事務所のいつもの無機質な報告ではなく、事務所の人達もメンバーと同様に、苦しみ、悩み、葛藤しこの決断に至ったことが滲むように伝わってきた。

 

嵐ファンの、いわば外野の私が、このことに言及することはおこがましいことなのかもしれない。不快に思われる方もいらっしゃると思う。先に御詫び申し上げたい。けれど、何年もひとつのグループのファンをしいる者として、どうしてもこのことに言及しておきたい。

 

山口くんの会見が行われワイドショーで「ファンのことを考えて、(脱退させるか否かの)結論を早く出すべきだ」と言った人がいた。それは本当にファンのことを思う行動なのだろうかと私は思った。今回のことは、人としてあってはならないことだ。一般人なら即クビになってもおかしくない。だから、TOKIOのメンバーも、ファンも、スタッフも、社会の構成員としての自分と、TOKIOを守りたいという自分との狭間で葛藤するのだと思う。1週間足らずで結論を出せてしまうグループに、私ならついて行きたくないとさえ思った。

 

グループにとってファンはなくてはならない存在だ。だが、いちファンが出来ることは、所詮、正しい情報を受け取り、いいことも悪いことものみ込み、なお応援し続けることだけだと思う。だから、時には苦しいし、ファンを辞めていく人もいる。2日の会見を見ながら、苦しく辛い中でも、今ある情報を濁すことなく伝えるTOKIOは、ファンの存在を見放さないグループだと感じた。

 

真っ先に矢面に立ち、ファンを蔑ろにしないグループ、TOKIO。だからこそ、会見の中で松岡くんが口にした「甘えを許してしまうTOKIOならなくなればいい」という言葉に胸が抉られる思いだった。

 ファンにとってグループはずっと心の中にあるかけがえのない存在。じゃあ、メンバーにとってのグループって何なんだ。嵐の話だが、大野くんは「友達でも家族でもない、嵐という新しい枠ができた感じ」とメンバーについて語る。内弁慶アイドル嵐をずっと応援してきた私は、メンバーにとってのグループは、メンバーが帰れる場所、落ち着ける唯一の居場所だと思っている。大野くんは最年長でありながら自分はグループ内では末っ子のポジションでメンバーに1番甘えさせてもらっているとも言っている。嵐にとって嵐は甘えられる場所ではないのだろうか。少なくとも私はそういう認識をしてきた。だから正直、会見中、大野くんのことが頭から離れなかった。嵐とTOKIOは別のグループだと言ってしまえばそれまでだが、同じジャニーズのグループとして、そして何より、嵐が普段から松兄と慕っている松岡くんの言葉だったから重く、苦しかった。

 

 結果的に、TOKIOは解散せず、音楽活動を休止し、山口くんは脱退することになった。事務所は山口くんの具体的支援を発表している。山口くんにとって帰るグループがなくなった今、彼の帰る場所は事務所なのだろうか。それとも結局、人はひとりなのだろうか。アイドルに孤独はつきものなのだろうか。

グループはかけがえのないものだとアイドル達はよく言う。しかし、アイドルにとってグループがどんな存在でどんな意味をなすのかは本人達にもわからないのかもしれない。さらに、グループの行く末なんて神様すら知らないことなのかもしれない。だからこそ、ファンは、今ある全てを愛していかなければならいのだと私は強く感じた。

 

最後に、「4人のTOKIOが必要とされるのか」という命題について。TOKIOはバンドで、長瀬くんの言葉にもあったように、ベースの音が欠けてしまえば音楽として成立しなくなってしまう。しかし、嵐ファンの私にとってのTOKIOは、嵐を可愛がるかっこいいお兄さん達であり、鉄腕DASHTOKIOカケルで常にお茶の間に笑顔を運んでくれる存在だ。 勿論TOKIOの音楽はTOKIOにしかなし得ない素敵なものだ。でも、音楽以外でTOKIOに元気を貰っている人はきっと沢山いるはずだ。だからTOKIOにはずっとそこに居て欲しい。どんなときでもファンを思い、表に立ってくれるアイドルを私は心から尊敬したい。

 

どんな形であれ、頑張れTOKIO!!

 

拙い文章でしたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。